行政書士法第10条の2第1項に基づく報酬額表 (平成23415日より)

 

1 相談業務

相談  (※初回の相談は無料です。)

30分以内3,000
60
分以内 5,000

出張相談

往復120分以内 10,000
往復120分超 30,000

交通費は実費をご請求させていただきます。

ご依頼いただいた場合は、相談料は不要です。


2
入管在留審査業務

在留資格認定証明書交付申請(来日前に申請するもの)
在留資格変更許可申請 (在日時に行うもの)
【就労関係の在留資格】 100,000円~200,000
【留学・文化活動・特定活動・家族滞在等の在留資格】30,000円~150,000
【身分関係の在留資格】100,000円~200,000
取得する在留資格により報酬が異なります。

在留資格期間更新許可
申請50,000円~150,000円 現在、取得している在留資格等により報酬が異なります。

永住許可
申請100,000円~140,000円 現在、取得している在留資格等により報酬が異なります。

退去強制手続
【在留特別許可の申し出】関係書類作成 150,000
事案により報酬が異なりますので、お問い合わせください。

 

3 帰化許可申請

100,000200,000

現在、取得している在留資格により報酬が異なります。

 

その他の事項

1 実費の取り扱い
 報酬の口座振込手数料、診断書、収入印紙、証紙代、登録免許税、郵便切手代、郵送料、謄写代、コピー代、登記簿、交通通信費その他事務処理に要する実費はお客様ご負担となります。あらかじめご了承下さいませ。

2 支払等
ご依頼時に着手金として報酬額の50%、成功報酬として残額をお支払いいただくようお願いいたします。

3 ご本人により申請される場合(行政書士により取次ぎをしない場合)は 上記金額の50パーセントの報酬額となります。
(サービス内容:(1)許可要件の確認・取付資料の説明、(2)申請書、理由書、提出資料作成、 (3)添付資料の取り寄せ(取得可能なものに限ります))

いただきます。

 

 

affiliate link traceSneakers - ΦΘΗΝΑ ΠΑΠΟΥΤΣΙΑ 2020